院長  土岐

土岐 政晴

私はスキルアップのために休みの日も都外動物病院で実習等を行い医師としてのレベルアップを常に志しています。
獣医としての専門的知識やこれまで勤務してきた動物病院、救急医療センターや専門医療施設での治療ノウハウをもちい大切な家族の一員にあった治療戦略を提示していきます。
また自身一緒に暮らしている動物との生活を通し、一人の飼い主として皆様の大切な家族の一員との幸せな生活のお手伝い、そして一人の飼い主として皆様と精神的な共有ができればと考えております。
主に犬猫の内科治療、外科手術全般やエキゾチック(兎、ハムスター、鳥等)の診療もしております。

略歴

日本獣医畜産大学卒業
河南省少林寺塔溝武術学校卒業

2003~ 板橋区動物病院勤務
2006~ 世田谷区動物病院勤務
2008~埼玉夜間動物救急センター勤務
同年 ~三鷹市ライオン動物病院 勤務
2010~同動物病院 院長代理
2011~2021 同動物病院 院長
2017~どうぶつの総合病院神経科研修医
2021~トキ動物病院開院

所属学会

獣医神経病学会
獣医麻酔外科学会
獣医再生医療学会

発表論文およびカンファレンス

『犬の前頭葉認知機能障害に対するD2受容体阻害薬の効果(2010.6)』
『継続的な咳により気管内で重責が起こったと思われる犬の一例』(2012.2)
『猫の膵臓癌摘出術におけるダイナミックCTが有効であった症例』etc

 

  副院長

経験豊富な副院長は各クリニックで犬猫の一般診療はもちろんの事、エキゾチック動物の診療に従事してきた実績のある獣医師です。ただいま紹介準備中です。